Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

クラウド型学習システム「すらら」利用者が努力量を競う第14回「すららカップ」、12月1日から開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/14 16:55

 すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」の利用者が努力量を競う大会「すららカップ」を、12月1日~1月31日の期間に開催する。

第14回「すららカップ」

第14回「すららカップ」

 「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく、「総学習時間」など“どれだけ学習したか”の努力指標で、学年やエリアを問わず、すべての「すらら」利用者同士が競い合う大会で、今回で14回目となる。

 今回の大会では、平成29年4月から正式に搭載した「AIサポーター」を活用して、AIキャラクターが生徒の学習意欲を高める声かけをし、入賞への意識づけや記録向上に向けた励ましを行う。

 また、平成29年春に小学校低学年版がラインアップに加わったことから、勉強へのモチベーションを保ちにくい小学校低学年生に楽しく学習習慣をつけてもらうことを目的に、小学1年生~3年生の受講生だけでランキングを競う「低学年賞」を新設した。

 実施科目は英語、数学(算数)、国語で、範囲は小1~高3の履修範囲。最終結果発表は平成30年2月を予定している。


【関連リンク】
すららネット

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0