EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

実践型探究学習教材「Classi×マイプロジェクトサポート」が4月より提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/26 06:00

 カタリバは、Classiが開発・運営する教育プラットフォーム「Classi(クラッシー)」の連携サービスとして、自己探究・地域探究に特化した実践型探究学習教材「Classi×マイプロジェクトサポート」を共同で開発し、4月から全国の高等学校への導入を開始することを、2月24日に発表した。

 学習指導要領の改訂により、高等学校の「総合的な学習の時間」は、2022年度から「総合的な探究の時間」に変更され、生徒が主体的に課題を設定し、情報の収集や整理・分析をしてまとめるといった能力の育成を目的に展開される。

 「Classi×マイプロジェクトサポート」は、自己探究・地域探究に特化した実践型探究学習教材。自己探究・地域探究を「総合的な探究の時間」の授業の一環として実現することを目指し、カタリバが2013年から展開し、高等学校向けの探究学習教材を開発・提供してきた実践型探究学習プログラム「マイプロジェクト」のノウハウを「Classi連携サービス」としてまとめたものとなる。特徴として、以下の3点が挙げられる。

  • 進路につながる「自分ごと」の課題を設定できる
  • 「アクション」を伴う探究活動で資質・能力を育成できる
  • Classiを通じた「振り返り」と「学びの共有」を行うことができる

 対象は、Classiを導入する全国の高等学校(一部中高一貫校も含む)。教材は、探究テーマの設定から具体的なアクションまでをサポートするコンテンツ、ワークシート、動画で構成され、マイプロを「つくる」ことを支援する「体験版」と、「やってみる」ことを支援する「実践版」が同時にリリースされる。体験版はClassi採用校は申し込み不要・無料で利用でき、実践版は、生徒1人あたり1540円(税込)が必要。

「Classi×マイプロジェクトサポート」

「Classi×マイプロジェクトサポート」

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0