EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

非認知能力成長支援サービス「Edv Path(エデュパス)」無料提供開始、探究学習の年間カリキュラムも

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/27 17:40

 Edv Futureは、提供している高校向け非認知能力育成支援サービス「Edv Path(エデュパス)」の無料提供を行うことを発表した。通常、生徒一人当たり月額300円(税抜)のところ2021年4月から9月末までの期間、無料にてサービスを提供する。

 2020年に行われた学習指導要領の改訂により、高等学校では2022年に「総合的な探究の時間」が新たに導入される。従来の「総合的な学習の時間」で行われていた内容と比較し、生徒自身の在り方・生き方を考えながら、課題を見つけ解決していくことが求められるようになる。

 この新たな取り組みについて、教育現場から「カリキュラム制定のノウハウがない」「準備期間としての2021年度の授業展開を1から考えている」といった声があがっている。これを踏まえ、Edv Futureでは2021年4月から9月末までの半年間、中学校および高等学校を対象に、「Edv Path(エデュパス)」で提供する非認知能力の数値化およびデータ化と、それらを基にした総合的な探究の時間の年間カリキュラムについて、初期導入費・システム利用費を完全無料で提供する。

 「Edv Path(エデュパス)」は、「非認知能力(ポテンシャリティー)」に着目し、生徒一人一人の非認知能力をデータとして蓄積、カリキュラムを提案し、生徒の成長を支援する生徒管理システム。非認知能力とは、「目標に向かい頑張る力(グリット力)」や「行動力」「感情をコントロールする力」など、テストなどで測定できない力のことを指す。Edv Pathでは、数値化した生徒の非認知能力を基に、その成長支援を行うための環境作りやカリキュラムを提供する。

 「Edv Path(エデュパス)」期間限定無料提供の概要

  • 実施期間:2021年4月1日(木)~9月30日(木)※2021年9月30日までに要申し込み
  • 提供内容:非認知能力の数値化・データ化、総合的な探究の時間の年間カリキュラム提供
  • 対象:全国の中学校および高等学校
  • 料金:無料

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0