EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

コロナ禍でのOB/OG訪問を支援する「ビズリーチ・キャンパス」、津田塾大学の公認プラットフォームに

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/24 16:55

 ビズリーチが運営するOB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」は、津田塾大学の公認OG訪問プラットフォームに認定された。

 今回の公認化により、学生がOGの連絡先を取得するために大学に行く必要がなくなり、新型コロナウイルス感染症のリスクを気にせずオンライン上でOG訪問の依頼から訪問までを行えるようになる。なお、大学が「ビズリーチ・キャンパス」を公認化するのは、津田塾大学が初。

 キャリアセンターに保管されているOB/OG名簿の一部が古い情報のままで学生が連絡をしても返信がないケースがあることに加え、新型コロナウイルス感染症拡大により大学の入構制限が設けられ、学生が以前よりもキャリアセンターを通じたOB/OG訪問をしづらくなっている課題があった。

 そんな中で、津田塾大学キャリア・センターでは、学生がどこにいても同キャリアセンターを活用できるように、「キャリア支援の全面オンライン化」を推進している。

 今回の公認化をきっかけに、津田塾大学キャリア・センターでは、大学の窓口で開示していたOGの連絡先を、OGの許諾をとったうえで「ビズリーチ・キャンパス」上でデータベース化し、学生のOG訪問を「ビズリーチ・キャンパス」に一元化することを検討している。

津田塾大学における「ビズリーチ・キャンパス」公認化に伴う学生のメリット

1. OGの連絡先を取得するために大学に行く必要がなくなる

 これまで大学に行かないと開示されなかったOGの連絡先や企業から提供される名簿(一部)を「ビズリーチ・キャンパス」上で閲覧できるようになる。

2. 「ビズリーチ・キャンパス」の最新のOG情報をもとに、幅広い OG に依頼が可能

 OGは、キャリアセンターに連絡しなくても、自身が「ビズリーチ・キャンパス」上でプロフィール情報をリアルタイムで更新できる。そのため学生は、OGの転職や異動などのキャリア履歴を含む、最新の情報をもとに OG 訪問を依頼できる。「ビズリーチ・キャンパス」上にOG訪問が可能な卒業生の情報が一元化されていくと、「ビズリーチ・キャンパス」のみで、さまざまなOB/OG(「ビズリーチ・キャンパス」のなかで、学生の所属大学を問わずに訪問可能な利用企業はOBを含む)にコンタクトをとることが可能。

3. キャリアセンターからの配信情報を、スマホアプリで受信できる

 学生は、キャリアセンターから配信される(キャリアセンターとビズリーチ・キャンパス運営事務局が連携して配信)イベント情報やお知らせを、「ビズリーチ・キャンパス」上で閲覧可能。

 「ビズリーチ・キャンパス」では、OB/OG訪問の依頼やビデオ通話の発信を学生に限定している。また、安心して利用できるよう、ビズリーチ・キャンパス運営事務局が、サービス内のメッセージ等を2 時間有人監視している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0