EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2022卒の学生で大学のキャリアセンターを利用するのは約半数にとどまる、講義のオンライン化が影響

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/19 14:20

 学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に実施した、「キャリアセンター(就職課・キャリア支援課)の利用状況」に関する調査の結果を、11月19日に発表した。

 同調査は、学情が運営するダイレクトリクルーティングサイト「あさがくナビ2022」への来訪者に対して、11月6日~13日の期間に行われ、549名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、大学のキャリアセンター(就職課・キャリア支援課)を利用したことがあるかを尋ねたところ、「利用したことがある」という回答は55.0%だった。

大学のキャリアセンター(就職課・キャリア支援課)を利用したことがあるか

 キャリアセンターの利用目的としては(複数回答)、「就職活動の相談」(49.0%)がもっとも多く、以下「インターンシップ情報の収集」(42.7%)が続いている。また、「エントリーシートの添削」(27.2%)、「資格対策・筆記試験対策」(10.9%)、「面接対策」(9.6%)といった利用目的も一定数の回答を集めた。

キャリアセンターの利用目的

 キャリアセンターを利用しない理由としては(複数回答)、「講義のオンライン化で、キャンパスに行く機会が減っているから」(53.8%)が最多で、「何を相談したらいいかわからない」(47.0%)、「相談したい内容がわからない」(38.1%)がそれに続いている。

キャリアセンターを利用しない理由

 新型コロナウイルス感染症の影響下における就職活動について、キャリアセンターに相談したいことを尋ねた質問(複数回答)では、「コロナ禍の就職活動で気を付けること」(56.8%)がもっとも多く、「Web面接で気を付けること」(48.3%)、「Webでどのように情報収集をするか」(38.6%)といった回答も多かった。

 また、「コロナ禍で採用が増える業界・減る業界」(46.8%)や、「コロナ禍でどのような業界・企業を志望するといいか」(41.0%)を挙げる回答もそれぞれ4割以上に達している。

新型コロナ禍における就職活動について、キャリアセンターに相談したいこと

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0