SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

「スタディサプリ」の教員向けサービス、「G Suite for Education」との連携を強化

 リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ」は、学校の先生向けサービスにおいて、Googleが提供する「Google for Education Technology Partner」の「Highly Qualified Partner」に認定されたことを、11月9日に発表した。これにより「G Suite for Education」との連携が強化され、より利便性が向上する。

 「スタディサプリ」は小学校高学年から大学受験生まで、4万本以上の講義動画を利用することができるオンライン学習サービス。学校向けの「スタディサプリ」は、全国の高校約2592校で利用され、教職員向けの機能「スタディサプリ for TEACHERS」を通し、宿題配信や進捗管理、先生からの学習の伴走・サポートを実現している。

 連携強化による具体的な新機能としては、教職員向けの「スタディサプリ for TEACHERS」および「スタディサプリ ENGLISH 学習管理システム」において、保有するG Suite for Educationアカウントと「スタディサプリ」のIDを接続することにより、「スタディサプリ for TEACHERS」および「スタディサプリ ENGLISH 学習管理システム」に、既存のG Suite for Educationアカウントでログインが可能となる。

 さらに「スタディサプリ for TEACHERS」ではG Suite for Educationとの機能連携により、「スタディサプリ」で管理されている一部のデータをG Suite for Educationと連携することができる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4740 2020/11/17 06:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング