EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

つくば市とライフイズテック、「次世代SDGsプログラミング教育」を目指し協定を締結

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/07 17:20

 つくば市とプログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテックは、「次世代SDGsプログラミング教育」を目指し、EdTechを活用したICT教育事業連携に関する協定を10月6日に締結した。また、プログラミング教育拡充に向け、オンラインプログラミング教材「Life is Tech ! Lesson(ライフイズテックレッスン)」を、市立実証校におけるプログラミング教育指導の一環として採用する。

 ライフイズテックは、デジタル教育によるイノベーション人材の育成を目指し、オンライン型のプログラミング教材「Life is Tech ! Lesson」を学校や自治体向けに開発・提供している。

 本協定では、学校におけるライフイズテックの課題解決型人材を育てる教育や、EdTech教材の利活用により、地域の身近な課題やSDGs課題など実社会をより良くするためのプログラミング教育推進を目指す。さらに、EdTechを活用したICT環境を整備し、創造力を育む教育支援として、教員への授業支援など、つくば市における社会課題解決型人材の育成に向けた教育環境の創出をサポートしていく。

 今回提供される、中学校・高校向けプログラミング指導教材「Life is Tech ! Lesson」は、市内の実証校4校(つくば市立春日学園義務教育学校、つくば市立高山中学校、つくば市立東小学校、つくば市立吾妻小学校)で活用される。なお、つくば市立高山中学校では、10月22日に同教材を使った公開授業が予定されている。

協定の内容

  1. 学校におけるプログラミング教育の実施及び教材の利用に関すること
  2. 教員並びにICT指導員等の指導力向上及び授業実践方法の研究に関すること
  3. 実践事例の他自治体等への広報及び普及に関すること
  4. 今後のプログラミング教育の在り方の検討及びプログラミング教育がもたらす児童生徒への教育効果の実証等を目的とした調査に関すること
  5. 課外におけるプログラミング教育の実施及び社会教育活動の推進に関すること
  6. その他、両者が協議により必要と認めたこと

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0