Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

ヒューマンアカデミー、小学校3年生以上を対象にした「こどもプログラミングコース」を開講

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/20 16:55

 ヒューマンアカデミーは、5歳児~中学生までを対象にした「ヒューマンアカデミー ロボット教室」において、新たに「ヒューマンアカデミー こどもプログラミングコース」を6月から開講する。入会金は10000円で、授業料は9000円(どちらも税別)。

 「ヒューマンアカデミー こどもプログラミングコース」は、プログラミング「を」学ぶだけでなく、プログラミング「で」学ぶカリキュラムで、プログラムを実行した結果を見て「なぜそうなるのか」を考察して算数などの要素を学習するとともに、これからの時代に求められる「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体的に学習に取り組む姿勢」を伸ばす。

 生徒が作成するのは、アニメーションやゲームといった、画面で動きなどを確認できるもので、授業では「考える力の強化」に重点を置き、考えたり、まとめたりする時間を多く取る。また、3カ月ごとに成果発表の機会を設け、他の生徒の発表から多様な考え方に触れ、自分自身の発想を広げるきっかけを作る。

 学習に使用するのは子ども向けのプログラミング言語であるScratch。カリキュラムは、パソコンの基本操作に始まり、プログラムの作成や改造、改造内容の発表など全6回を3か月で学び、1年間で4サイクルの実施によって知識・スキルの定着をはかっていく。


【関連リンク】
ヒューマンアカデミー
「ヒューマンアカデミー こどもプログラミングコース」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0