SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

企業・学校対抗プログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」、10月24日開催

 システムインテグレータは、企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」を、10月24日に開催する。エントリー期間は7月10日~10月11日で、参加費は無料。

PG BATTLE 2020

 「PG BATTLE」は、3人1チームでプログラミング力を競い合う団体戦で、作品を提出して審査する方式ではなく、4つの出題に対して90分間にリアルタイムでプログラムを作成するオンライン競技。同じ条件で一斉に行うプログラミングバトルなので、実力がそのまま結果に表れる。

 競技にはプログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使用し、90分間で4問のプログラムを書いて提出する。問題は、種類や難易度の異なる「ましゅまろ」「せんべい」「かつおぶし」の3つが用意されており、それぞれの問題をどのメンバーが担当するかを決める必要がある。

 プログラミング言語はJava、C#、Ruby、Python、PHPなど現在主流の言語に対応しており、競技は3人の合計点数(300点満点)で争われる。同点の場合は解答時間が短い方が上位となり、本人には個人順位も通知する。

 「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部(大学と大学院混成可)」「高校・中学・小学の部」の3部門が設けられ、1チーム3名でのエントリーが必須となる。なお、1社または1校で複数のチームが参加可能だが、1人が複数チームに参加することはできない。

 開催日時は10月24日13時~14時40分で、自宅などからインターネット経由でリモート参加する。問題の正解は当日の15時以降に発表される。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4068 2020/06/30 14:14

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング