EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

HENNGE、「GIGAスクール構想」を受けて「HENNGE One for Education」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/30 07:00

 HENNGEは、文部科学省が提唱する「GIGAスクール構想」を受けて、教育現場に安心・安全な学習環境を提供することを目的とした「HENNGE One for Education」を、7月1日に発売する。

 文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」などにより、教育機関でのクラウド利用が拡がることが予想され、先行する教育機関では、Microsoft 365 EducationやG Suite for Educationを活用したコミュニケーションツールの導入、Boxを活用した学習系・校務系のコンテンツ統合が進んでいる。一方これに伴い、多様なデバイスの安全な管理、クラウドへの適切なアクセス制限、効率的なID・パスワードの管理が課題となる。

 同社が提供する「HENNGE One」は、Microsoft 365、G Suite、LINE WORKSといった、さまざまなクラウドサービスに対して横断的にセキュアなアクセスと、シングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

 今回、発売する「HENNGE One for Education」では、各種教育機関向けパッケージとして、「HENNGE Access Control」と「HENNGE Device Certificate」を提供。児童生徒を除く教職員、および管理者を課金対象とする。最低購入数量は50。

 同製品は、販売パートナーであるSB C&S、シネックスジャパン、ダイワボウ情報システムを通じて提供される。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0