EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

LITALICO、発達障害のある子どもを持つ保護者に行った「就労についての意識調査」の結果を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/10 11:40

 LITALICOは、同社が運営する「LITALICO発達ナビ」が発達障害のある子どもを持つ保護者を対象に実施した「就労についての意識調査」の結果を、6月9日に発表した。

 同調査は、発達障害のある子どもを持つ保護者750名を対象に、2019年12月16日~22日の期間に行われている。

 調査対象者の70.3%は就労しており、その約6割はパートタイム・アルバイト、派遣社員など非正規雇用だった。

現在の就労状況
現在の雇用形態

 子どもの発達が気になってからの、雇用形態の変化を尋ねたところ、約4割の人が転職や退職、雇用形態の変化など、働き方を変えていることが明らかになっている。

子どもの発達が気になってからの雇用形態の変化

 現在、就労していない人のうち、85.7%が「働きたい」と回答した。

就労に対する考え方

 就労のために必要な支援を尋ねた質問では、「短時間勤務ができる」「休暇が取りやすい」「子どもの預け先の確保」が上位を占めている。

どのような働き方/支援があれば就労できるか

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0