EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

LITALICO、発達障害の子どもと保護者をオンラインで支援するサービスを提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/07 07:00

 LITALICOが運営する「LITALICOジュニア幼児教室・学習塾」は、発達障害のある子どもの発達支援や保護者向けのペアレントトレーニングを自宅で受けられる「オンライン発達支援サービス」を提供することを、5月1日に発表した。対象は首都圏在住の子どもと保護者。

「オンライン発達支援サービス」
「オンライン発達支援サービス」

 本サービスは、新型コロナウイルス感染症対策による休校措置や外出自粛を受け、発達支援施設への通所に不安を感じる一方で、継続して支援を受けさせたい、休校明けの集団生活に向けて準備をしたいというニーズに応えるもの。

 以下の3つのサービスが提供される。

自立を促す!「オンライン発達支援パッケージ」

 3歳~18歳までの子どもと保護者向けのサービス。子どもたち一人ひとりの発達や特性に合わせた、オンラインでの発達支援を提供する。各家庭の悩みや子どもの様子から1回ごとの授業を計画し、子どもと指導員の1対1で授業を行う。また、保護者も子どもの成長を促す関わり方を習得する。内容は子育て相談(30分×1回)と授業&ペアレントトレーニング(50分×4回)で、料金は6万6000円(税込)。

休校対策「オンライン学習支援」

 小学生~高校生向けのサービス。子どもの学習の進度や理解度に合わせて、休校中の自宅学習をサポートする。勉強のスケジュールを子どもと一緒に考え、1週間の学習の進度を授業ごとに確認していくため、1人で計画を立てて家庭学習を行うのが苦手な子どもにも適している。内容は授業(50分×4回)で、各回の終了後、振り返り面談も実施される。料金は6万6000円(税込)。

お子さまを上手に導く!「オンラインペアレントトレーニング~教え上手~」

 保護者向けのサービス。子どもとのより良い関わり方を学びながら、日常の困りごとを解消し、楽しく子育てができるよう支援する。子どもの身辺自立に向けて、上手に行動を導く関わり方を伝える。内容は子育て相談(30分×1回)、ペアレントトレーニング(60分×3回)で、料金は4万9500円(税込)。なお、家族であれば人数が何名でも、同じ金額で受講できる。

 各サービスの対象者は首都圏在住(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の3歳~18歳までの発達障害のある子どもとその家族。提供期間は5月31日までを予定しており、状況に応じて期間を延長する可能性がある。申し込みはWebフォームで受け付けている。

 なお、本サービスではWeb会議アプリ「Zoom」と、インターネット環境とカメラ・マイク付きのPC(外付けでも可)、タブレット、スマートフォンのいずれかが必要になる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0