EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

サイバートラストとHENNGE、安心・安全な遠隔授業を支援すべく協業を強化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/30 07:00

 サイバートラストとHENNGEは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともなう臨時休校措置を受けて、国内の教育機関向けへの休校期間中の安心・安全な遠隔授業を支援するための協業を強化することを、4月27日に発表した。

 今回の協業では、サイバートラストの端末認証サービス「サイバートラスト デバイス ID」とHENNGEのSaaS認証基盤「HENNGE One」のサービスを連携し、教育機関向けに展開していく。

 「サイバートラスト デバイス ID」は、管理者が指定した端末にのみデバイス証明書を登録し、かつ一度登録されたデバイス証明書の複製や取り出しができない仕組みを実現したデバイス証明書発行管理サービス。管理者が発行申請したデバイス証明書を利用者に配付し、デバイス証明書を登録した端末のみを接続先のネットワークにアクセス可能にすることで、不正アクセスを防ぎ安全な教育環境を構築できる。

 「HENNGE One」は、Microsoft 365、G Suite、 Box、 LINE WORKSといった、さまざまなクラウドサービスに対して、横断的にセキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

 「サイバートラスト デバイス ID」によって学校が許可した端末のみにアクセス可能にすることで、不正な機器の接続を防止するとともに、「HENNGE One」によって利便性と安全性のバランスのとれたクラウドを導入できるため、安心・安全な遠隔授業が実現する。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0