EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

スタディサプリ、佐賀県武雄市における「中学生の基礎学力・学習意欲の向上」に関する取り組み結果を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/15 07:00

 リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ」は、佐賀県武雄市と2017年(平成29年)5月より行ってきた「中学生の基礎学力・学習意欲の向上」に関する取り組みの結果を、4月13日に発表している。

 同市は、市内すべての小学校・中学校の児童・生徒に、1人1台の専用タブレット端末を整備しており、2017年5月に開始したリクルートマーケティングパートナーズとの業務連携にともない、2019年度には市内の中学校3校にて、「スタディサプリ」を活用して生徒それぞれが苦手分野に対応した課題に取り組み、基礎学力の向上を図ってきた。

 2019年12月に、その効果検証を行ったところ、基礎学力の向上と学力層の底上げが明らかになっている。また、2020年度は2019年度の学習データ分析に基づき、取り組みの進化を目指す。

基礎学力の向上度合い

 「スタディサプリ」で取得可能な生徒の学習データから、学力が向上した生徒の学習傾向を分析したところ、どの学力層も約30%の生徒が間違った問題を復習していること、学力層・学習の定着状況によって必要な学習が異なると考えられることが明らかになった。

学力層別の傾向

 この結果を受けて、2020年度の施策について、学習内容に加えて学習行動の最適化と、間違った問題を主体的に振り返る働きかけができるよう、生徒の学習取り組み方法を更新している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0