Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

Z会、『はじめての共通テスト対策』シリーズから新しく理科4冊を発刊

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/21 17:00

 Z会ソリューションズは、2021年に開始する共通テストに向け、『はじめての共通テスト対策』シリーズから、新しく理科の対策に活用できる4冊を発刊することを、1月21日に発表した。

 『はじめての共通テスト対策』シリーズには、オリジナルの模試が2回分収録されており(マークシートも付属)、2021年より開始される共通テストの対策ができる。模試の結果を送ると、学習アドバイスがもらえる学習診断サイトを利用できるため、効率的に共通テスト対策を進めることが可能。

『はじめての共通テスト対策』シリーズの新刊4冊
『はじめての共通テスト対策』シリーズの新刊4冊

 英語筆記や英語リスニング、数学IA、数学IIB、国語、日本史、世界史の7冊に加え、今回新たに化学基礎・生物基礎、物理、化学、生物の4冊が発刊される。販売価格は以下の通り。

  • 『はじめての共通テスト対策 化学基礎・生物基礎』:1320円(税込)
  • 『はじめての共通テスト対策 物理』:880円(税込)
  • 『はじめての共通テスト対策 化学』:880円(税込)
  • 『はじめての共通テスト対策 生物』:880円(税込)

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0