Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

プログラミング教育をはじめとする、社会貢献活動のためのLINEみらい財団が設立、滋賀県との協定締結も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/23 14:55

 LINEは、同社の社会貢献活動の加速を目的とした、LINEみらい財団を12月20日に設立した。これまで取り組んできた情報モラルやプログラミング教育のさらなる充実に加え、フィンテックなどにおける金融に関するリテラシー、サイバーセキュリティ教育など、子どもたちのデジタルリテラシー向上に広く取り組んでいく。

LINEみらい財団

 LINEみらい財団は、志を持つ有識者が一堂に会するプラットフォームとなって、デジタルリテラシー向上のための取り組みとして、AIやICTに関連した教育・研究・普及啓発活動を行っていく。

 具体的な事業内容は以下の通り。

  1. プログラミング教育の教材作成・普及・啓発
  2. 情報リテラシ一教育の教材作成・普及・啓発
  3. その他教育に関する教材作成・普及・啓発
  4. 上記の教育に関する調査・研究
  5. 外部研究者との共同研究
  6. その他上記の事業の実施に必要な事項

 そのほか、LINE、LINEみらい財団、滋賀県の3者は、「『滋賀県ICT推進戦略』に基づく滋賀県の取組に関する協定」を12月21日に締結している。

 同協定を通じて、プログラミング教育の支援、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した教育の推進、SNSの安全な利用に対する滋賀県民への啓発などの事業を、協働で行っていく。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0