Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

Z会とEduLabがスピーキング自動採点の共同研究を開始、AIも活用

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/10 15:30

 増進会ホールディングス (以下、Z会グループ)と、教育サービス事業およびAI事業を展開するEduLabは9月10日、資本業務提携を締結したことを発表。AIを活用した英語スピーキング能力の自動採点に関する共同研究を開始する。

 本共同研究は、次期学習指導要領や2020年度の大学入試改革などを受けたもの。英語の4技能(「話す」「書く」「読む」「聞く」)の教育のなかでも、特にコストがかかり、評価者により結果にバラつきが生まれやすい「話す」(スピーキング)能力の測定・評価に着目し、スピーキングの能力測定および自動採点技術の共同研究を進めていく。

 具体的には、Z会グループが実施する英語4技能テスト「英語CAN-DOテスト」での数万規模の解答音声データ、観点別の評価データを活用し、EduLabが持つテスト技術およびAIを活用した自動採点技術を用いることにより、スピーキングの自動採点の研究開発に着手する。

 また、「CEFR-J」(外国語の習熟度に関する国際基準を日本人向けにカスタマイズしたもの)の開発者である投野由紀夫先生(東京外国語大学大学院教授)を監修者として迎え、スピーキング自動評価の妥当性や信頼性に関する助言を仰ぐとともに、研究成果の学会などでの共同発信を行う。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0