SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

【教員対象の読者イベント開催】授業支援ツールの勘所を平井聡一郎氏が深掘りします!

 EdTechZineでは教員の方々を対象とした、少人数参加型の無料読者イベントを7月4日に開催します。テーマは「授業支援ツールの選び方・使いこなし術」です!

 アクティブラーニングには欠かせない授業支援ツール。ですが、「複数あるツールからどれを選べばいいのかわからない」「とりあえず導入してみたものの、うまく使いこせる自信がない」そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 EdTechZineでは先生方の疑問や不安を解決すべく、授業支援ツールの選び方・使いこなし術をひも解く座談会を企画いたしました。ツールのエキスパートが集まる貴重な機会ということもあり、せっかくなら困っている方の声を直接聞くことができないか――そう考え、公開収録型のイベントを開催する運びとなりました。

 ご登壇いただくのは「schoolTakt(スクールタクト)」「MetaMoJi ClassRoom」「ロイロノート・スクール」、それぞれのツールを提供されている企業の皆さま。そしてモデレーターには、茨城県古河市の小学校や教育委員会にてICT化に尽力され、現在はICT活用教育アドバイザーとしてご活躍の平井聡一郎氏をお迎えします。ツールの特徴や導入事例、授業で有効に活用するためのコツなどをたっぷりとご紹介いただく予定です!

 もちろん、来場者の皆さまから質問・相談を受け付け、アドバイスを頂く質疑応答の時間も設けております。座談会の後の懇親会ではタッチ&トライも実施します。複数のツールを同時に体験し、情報収集ができるチャンスです。

 授業支援ツールについて知識を深めるためのヒントがたくさん詰まっています。皆さまのご参加をお待ちしております!

登壇者

  • 株式会社コードタクト 代表取締役/Conductor 後藤正樹氏
  • 株式会社MetaMoji 法人事業部 事業部長 植松繁氏
  • 株式会社LoiLo 教育ICTコンサルタント 営業 鍵本優紀氏

モデレーター

  • 株式会社情報通信総合研究所 特別研究員 平井聡一郎氏

開催概要

  • 日時:7月4日(木)19:00~21:00(座談会終了後、懇親会とタッチ&トライを21:00~22:00に実施)
  • 会場:株式会社翔泳社(アクセス
  • 主催:EdTechZine編集部
  • 参加対象:小・中・高等学校の教員の方々
  • 定員:15名(事前申し込みが必要/応募多数の場合、抽選とさせていただきます)
  • 参加費:無料
  • お申し込みはこちらから。※受付は終了いたしました
  • イベントの模様は、後日EdTechZineにレポートとして掲載予定です。当日は写真撮影が入ります。ご了承ください。

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/2257 2019/06/28 19:15

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング