Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

スタディプラスが新大学1年生が対象の大学受験に関する意識調査結果を発表、Webでの情報収集が最多

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/03 07:00

 スタディプラスは、新大学1年生を対象に実施した、大学受験に関する意識調査「進学先決定についてのアンケート」の結果を、5月31日に発表した。

 「進学先決定についてのアンケート」は、全国の新大学1年生を対象に、4月14日~28日の期間に実施され、886名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、受験する志望校を決めた時期を尋ねたところ、高校3年生がもっとも多く、とりわけ25.4%が大学受験直前の時期である高校3年生の冬(12月~3月)に志望校を決定した。また、高校1年生から志望校を決めていた人は、5%に留まっている。

 進学先の情報収集方法としては、Webサイトの利活用が最多で、SNSやアプリを利用したという回答も見られた。「進学情報サイト」「SNS」「アプリ」「大学のWebサイト」を合計すると約42%となり、13歳~19歳のスマートフォンの個人保有率が約80%に達する「スマホネイティブ世代」は、勉強でも受験情報の収集でもWebやアプリを利用していることがうかがえる。

進学情報をどこで収集したか

 同社が2016年(平成28年)1月に開始した、大学向けの学生募集広告の出稿数推移からも、スマホネイティブ世代に向けて学生募集広告がアプリ・Webにデジタルシフトしていることがわかる。

「Studyplus」ユーザー数、学生募集広告出稿推移

 進学先を決めた理由は、「偏差値」「学部・学科の専門性や履修内容」「就職実績、サポート体制」が上位だった。

進学先を決定した理由

 一方で、進学先の検討にあたって不足していた情報としては、進学先の決定理由では回答数が少なかった「ゼミ、研究室」「部活・サークル」「教授」「大学の雰囲気」が上位に上がっている。

進学先の検討時に不足していた情報

 大学受験にくじけそうになった際に支えになった人は、「学校の友人」がもっとも多く、「保護者」「SNSの友だち」がそれに続く。

勉強でくじけそうな時に支えになった人、こと
 

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0