Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

プログラミング教育ポータルサイト「コエテコ」が「2019年 子ども向けプログラミング教育市場調査」の結果を発表、2024年の市場規模は250億円超を予測

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/18 15:50

 GMOメディアは、同社が運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」が船井総合研究所と共同で実施した、「2019年 子ども向けプログラミング教育市場調査」の結果を、4月18日に発表した。

 「2019年 子ども向けプログラミング教育市場調査」は、ロボット製作とプログラミングをかけ合わせて学ぶ「ロボット・プログラミング教室」およびプログラミングを学ぶことに特化した「プログラミング教室」に該当する、民間運営で月謝制の継続受講型の子ども向けプログラミング教室・スクールを対象に、1月~2月の期間に実施されている。

 調査によれば、2019年の子ども向けプログラミング教育市場の規模は114億2000万円と、2018年(平成30年)の市場規模90億7100万円と比較して、約25.9%増加する見込みとなった。

 この傾向は、5年後の2024年も継続すると考えられ、2024年には市場規模が257億3000万円と、2019年の約2.3倍になると予測される。

子ども向けプログラミング教育市場調査

 さらに、対象年齢の拡充や、低価格なプログラミング教室の増加、女児参加率の上昇、プログラミング教育の価値の市場への浸透が進めば、市場拡大はより加速し、2030年までには1000億円を超える可能性があると見込んでいる。

 そのほか、「コエテコ byGMO」は同調査をテーマにした、プログラミング教室を運営する事業者やプログラミング教室の展開を検討している事業者向けセミナーとして、「『コエテコ』×船井総研『プログラミング教育市場』の現状と展望」を開催する。

 開催日時は6月17日16時~18時(15時30分受付開始)で、会場はシナジーカフェ GMO Yours(東京都渋谷区)。参加費は無料で、参加には事前登録が必要。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0