SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

プログラミング教育ポータルサービス「コエテコ byGMO」、プログラミング教育必修化の認知度と子どもの習い事事情に関する調査結果を発表

 GMOメディアは、同社が運営するプログラミング教育ポータルサービス「コエテコ byGMO」が小学生の子どもを持つ保護者を対象に実施した、プログラミング教育必修化の認知度と子どもの習い事事情に関する調査結果を、3月6日に発表した。

 同調査は、小学1~5年生の子どもを持つ保護者を対象に、2月14日~15日の期間に実施され、1208名より有効回答を得ている。

 調査対象者に、2020年の小学校でのプログラミング教育必修化について知っているかを尋ねたところ、「知っている」と答えた人(61.1%)が、前回調査(51.6%)を約10ポイント上回り6割を超えた。

2020年の小学校でのプログラミング教育必須化の認知度

 2024年度の大学入学共通テストから、「情報I」の導入が検討されていることを知っているかを尋ねた質問において、「知っている」(25.7%)という回答は前回の調査(26.3%)からほとんど変化していない。

大学共通テストでの「情報I」導入が検討されていることに対する認知度

 子どもの習い事について、「習い事に通う頻度」を尋ねたところ、「週に3日以上」(28.4%)がもっとも多く、これに「週に2日程度」(24.8%)、「週に1日程度」(19.6%)を合わせると、7割超の家庭で子どもを週に1日以上習い事に通わせていることになる。

習い事に通う頻度

 子どもが行っている習い事について尋ねた質問では、「スポーツ」(55.9%)が最多で、以下「学習塾」(25.5%)、「音楽」(23.6%)、「英会話」(22.5%)が続く。

お子さんがしている習い事

 習い事にかける月額費用としては、「1万円~1万5,000円未満」(20.1%)がもっとも多く、以下「7000円~1万円未満」(18.9%)、「5000円~7000円未満」(14.3%)が続き、平均額は「1万4182円」だった。

習い事にかける月額費用

 子どもの習い事を探す際の悩みについては、60.6%が「ある」と答えており、その内容としては「子どもに合う習い事がわからない」(49.9%)、「家の近くのスクールが探しにくい」(47.8%)が半数近くとなっている。

お子さんの習い事を探すときの悩み有無
習い事を探すときの具体的な悩み
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1947 2019/03/06 15:35

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング