Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

新しい価値を生み出す若い世代をいかに育てるか――身に着けて欲しい「個人と社会とをつなぐ意識」と「やり抜く力」

「Make it! Student Creative Day」イベントレポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/04 07:00

 アドビ システムズ(以下、アドビ)は2月6日、武蔵野美術大学と共催で、若者のクリエイティブ活動について共に考え作り上げるイベント「Make it! Student Creative Day」をミッドタウン インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターで開催した。本イベントでは、高校生・大学生を対象とした映画ポスターデザインコンテストが実施され、事前に選出された高校生3組、大学生10組がプレゼンテーションを行い、発表者を含むイベント参加者全員の投票により、最優秀賞が選出された。

Adobe “Make it! Student Creative Day”

Adobe “Make it! Student Creative Day”

 なお、高校生はチームでの参加、大学生は個人での参加となった。参加高校・大学生は次の通り(敬称略)。

高校生の部
  • 品川女子学院 メディア研究会(6名):『ゆりかご戦争』
  • 東京都立新宿山吹高等学校(4名):『#不登校オリンピック』
  • 東京表現高等学院MIICA(7名):『僕とか、私とか、』
大学生の部
  • 東京藝術大学 五十嵐拓也:『月の裏側』
  • 武蔵野美術大学 梶川裕太郎:『AGAIN AND AGAIN』
  • 武蔵野美術大学 福田百花:『Banana Plantation』
  • 多摩美術大学 福邉美波:『良い夢を。』
  • 長岡造形大学 清水真美:『MOON COLLECTION』
  • 千葉大学 内山桜:『ユーモア』
  • 武蔵野美術大学 高松彩花:『dey,drown そまる、おぼれる』
  • 京都工芸繊維大学大学院 鈴田克弥:『メガネをなくしました。』
  • 東京造形大学 池上美悠:『SILENT OVERFLOW』
  • 武蔵野美術大学 ロウジョヨウ:『cage』

 行われたコンテストのテーマは「世界を変える映画のポスターをつくる」。架空の映画が作れたとしたら、社会や身近な暮らしをどうよくできるだろうか。そのコンセプトを広く伝えるためのポスターを自由な発想と表現で作成し、3分間の持ち時間で発表が行われた。審査の基準は、独創性、革新性、説得力の3点。

 アドビはイベント開催の背景として、「変化の激しい今後の社会を生きる次世代の若者は、機械に真似できないエンジニアリング力(課題解決力)と、クリエイティビティ(創造性)を発揮して、新しい価値を創り出す力を身に着ける必要がある。また、学生時代からデジタルリテラシーを高め、それらの経験を積み重ねることは、社会の様々な場所で活躍できるクリエイター(新しい価値を作り出す人)を育てることにつながる」と説明した。

 なお、審査員として、映画監督の山戸結希(やまと・ゆうき)氏、アドビクリエイティブインストラクターの名久井舞子(なくい・まいこ)氏の2名が作品と発表を講評し、イベント全体の司会と進行は、京都造形芸術大学客員教授の酒井博基(さかい・ひろき)氏が務めた。

審査員を務めた映画監督の山戸結希氏(左)と、アドビの名久井舞子氏(右)
審査員を務めた映画監督の山戸結希氏(左)と、アドビの名久井舞子氏(右)

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

    CodeZine/EdTechZine編集部 編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。2005年6月の正式オープン以来、ソフトウェア開発専門のオンラインメディア『CodeZine(コードジン)』の企画・運...

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0