Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

日本数学検定協会とRISU JAPAN、算数検定受検の促進を目指した「算数検定マスター判定」を共同開発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/12 14:54

 日本数学検定協会とRISU JAPANは、「実用数学技能検定」(数学検定・算数検定)受検の促進を目指した新サービス「算数検定マスター判定」を共同開発し、2月12日に正式リリースした。

 「算数検定マスター判定」は、全国のRISU会員の成績を自動解析して、適切なレベルの算数検定の階級を判定し、受験階級を推薦するサービス。

「算数検定マスター判定」の提供イメージ
「算数検定マスター判定」の提供イメージ

 文部科学省が推進する「思考力・判断力・表現力」の向上を見据えた取り組みで、年齢や学年などの一律の受検階級選択ではなく、個々人の能力にあった階級での算数検定受験を薦めることで、算数に対するモチベーションを向上するとともに、飛び級で勉強に取り組む人材の輩出を目指す。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0