Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

アフレル、親子でロボットプログラミングを楽しく学べる「ロボットプログラミング自由研究 夏休み三大作戦」を実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/06 10:45

 アフレルは、「レゴ ブロック」で動くモデルを作りながら、親子でロボットプログラミングを楽しく学べる教材を活用した「ロボットプログラミング自由研究 夏休み三大作戦」を、7月より順次スタートする。

 「ロボットプログラミング自由研究 夏休み三大作戦」は、「ロボットプログラミング自由研究 30のミッション」「夏休みロボットアイデアコンテスト」および各地で開催するワークショップの、3つの作戦で構成される。

 「ロボットプログラミング自由研究 30のミッション」は、教育版レゴ「マインドストームEV3」を使って、さまざまな課題(ミッション)に取り組むためのアイデアとヒントを集めた30枚のカードをプレゼントするキャンペーン。それぞれのミッションカードには、テキストの参照ページや考え方のヒントがあり、子どもが自ら取り組みやすくなっており、まとめるためのシートや、進め方ガイドも付属する。対象商品は「EV3デスクロボデビューセット[HEVDL-DEBSET]」で、キャンペーン期間は7月11日~8月31日。

 「夏休みロボットアイデアコンテスト」は、「地球を笑顔にしよう」をテーマに、昨年(平成28年)好評だったアイデアコンテストの部門を「レゴ マインドストームEV3」「WeDo2.0」の2部門に拡大し、テーマに沿ったオリジナル作品を募集する。応募期間は7月25日~8月20日。

 このほか、アフレルは今夏に各地で開催されるイベントにおいて、「レゴ マインドストームEV3」や「WeDo2.0」を用いたワークショップを展開していく。


【関連リンク】
アフレル
「マインドストームEV3」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0