Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

佐藤栄学園 さとえ学園小学校、AI型タブレット教材「Qubena」を導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/10 14:59

 佐藤栄学園 さとえ学園小学校は、指導の一環として、COMPASSが提供するAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を導入している。

 今回の「Qubena」の導入は、21世紀を生き抜く人材の「学びの礎」としての基礎学力の定着と、学習の効率化を目的としたもので、おもに正課授業外の自主学習の時間において、予習・復習に「Qubena」を利用する。

 同校は、導入に先立って希望した生徒に対して事前モニター学習を実施しており、苦手単元の克服など学習効果が得られたため、採用を決定した。

 導入対象はさとえ学園小学校の1年生~3年生の全生徒300名で、「宿題をなくす」改革において、個に応じた家庭学習を可能にし、子ども自らが学びを進める第一歩として活用する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0