Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

内田洋行、未来の教育を考えるイベント「第22回 New Education Expo 2017 in 東京」を東京ファッションタウンビルで開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/18 21:03

 内田洋行は、学校教職員や教育関係者向けのセミナー&展示会「第22回 New Education Expo 2017 in 東京」を、6月1日~3日に東京ファッションタウンビルで開催する。

 「第22回 New Education Expo 2017 in 東京」は、入試改革、高等学校基礎学力テスト、学習指導要領改訂など、教育を取り巻く環境が大きく変化している現状を伝えるべく、70のセミナーにおいて小中高大の教職員・教育関係者165名が登壇するとともに、約140社の企業がブース出展を行う。さらに、筑波大学附属小学校によるICTを活用した公開授業も予定している。

 基調講演は、6月1日には「変化の時代の大学経営」と題して慶應義塾長の清家篤氏が、6月2日には「主体的、自律的な学びとは何か~高大接続改革と次期学習指導要領~」と題して日本学術振興会・理事長の安西祐一郎氏が登壇する。

 会場では、内田洋行による未来の学習空間「フューチャークラスルーム」での、現場の教員によるアクティブラーニングやプログラミングのライブを多数開催するとともに、無線LAN対応の学習環境づくりが集結し、「1人1台端末」「プログラミング教材」「学習記録データの活用」「語学学習」「セキュリティ」など、多彩なセミナーや展示が予定されている。

 筑波大学附属小学校による公開授業は、マルチスクリーンを設置した教室空間で、青山由紀氏による小学校5年生の国語、森本隆史氏による小学校1年生の算数の授業が行われる。児童40名全員にタブレット端末を配布し、ICT環境の中で児童たちが授業を受けながら理解を進めていくプロセスを実際に体感できる。

 開催日時は6月1日・2日・3日の9時30分~18時で、会場は東京ファッションタウンビル西館2階TFTホール(東京都江東区)。参加費は無料。

 なお、会場で行われるセミナーの一部は、札幌、旭川、仙台、名古屋、広島、福岡、宮崎の各サテライト会場でもリアルタイム上映される。


【関連リンク】
内田洋行
「第22回 New Education Expo 2017 in 東京」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0