SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ICTのプロが解説! 本当に使える「先生のための」ICT教育のすすめ方

ICTのプロが解説! 今さら聞けない「オンライン授業の基礎」【本番編】

ICTのプロが解説! 本当に使える「先生のための」ICT教育のすすめ方~オンライン授業編~ 第8回

 本連載では、Google 認定パートナーである株式会社ストリートスマートが、これまで全国の自治体や学校に対しICT教育の推進を支援させていただく中で培った、知見やノウハウをお届けします。第8回のテーマは「オンライン授業の基礎【本番編】」です。本記事では、ビデオ会議ツールの操作方法ではなく、オンライン授業当日の流れや成功させるために必要なことを紹介します。これからオンライン授業に挑戦される先生のお力に少しでもなれましたら幸いです。

オンライン授業成功のポイントは、ルール決めにあり!

 オンライン授業を成功させるためには、実施する上でのルールを事前に決めて周知・理解させておくことが肝となります。先生にとっても、児童生徒にとっても慣れている対面授業とは異なる点も多く、初めて経験する方もいらっしゃると思います。オンライン授業のイメージができないことはもちろんですが、授業当日も「ただ授業を聞くだけでよいのか」「質問したい場合はどうしたらよいのか」など、雰囲気や空気感もわかりません。特に小学校低学年・中学年の児童は、そのあたりまで気が回らないことがほとんどです。そのためにも、授業中の基本ルールを決めて児童生徒に周知・理解させることで、授業をスムーズに進行できます。

決めておきたいルールの一例

  1. 基本的にカメラはオンにして顔が見えるようにする。
    • 住んでいる地域や自宅の環境によってはインターネット回線が不安定で、カメラをオンにしているとカクカクと映像が止まったり、音声が途切れてしまったりする児童生徒もいるかと思います。その場合は、カメラをオフにして通信量を軽減することで動きが軽くなるため、状況によってはカメラオフでもよいなど柔軟なルールにしておくのもおすすめです。
  2. 発言をするとき以外は、マイクをオフにする(参加時点からオフにしておく)。
  3. 発言したいときは、挙手ボタンを押して指名されてから発言する。
  4. もし先生が挙手ボタンに気づかない場合は、マイクをオンにして話してもよい。
  5. チャットで質問してもOKかNGか決めておく。
  6. チャットでの質問がOKの場合、児童生徒の好きなタイミングでしてよいのか、挙手ボタン後のマイク発言の代わりとするのか決めておく。
  7. 先生からも児童生徒にチャットでメッセージを送る場合もあるので、見逃さないようにする(どこに表示されるかを児童生徒も把握しておく)。

 このように、カメラやマイクのオンオフ、挙手ボタンやチャットの使用方法など、使用するビデオ会議ツールに則したルール決めを事前に行いましょう。そうすることで「マイクがオンのままでいる、誰かの雑音がずっと入っている」「各自が勝手に発言して授業の進行が妨げられる」といったことがなくなり、スムーズに進行できます。

次のページ
1人で抱えず、使えるものやサポートは大いに活用しよう!

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ICTのプロが解説! 本当に使える「先生のための」ICT教育のすすめ方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ストリートスマート(カブシキガイシャ ストリートスマート)

 「テクノロジーと『人』をつなげる」をミッションに、企業のDX推進や教育機関のICT化をサポートしています。2014年に Google トレーニングパートナーに認定され、現在は Education 分野と、Work Transformation(働き方変革)分野の2つの Specialization...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8509 2023/01/04 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング