SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

高梁市教育委員会、EdTech導入補助金2022を活用してデジタルシティズンシップ教材「DQスクールパッケージ」を導入

 サイバーフェリックスは、同社が提供するデジタルシティズンシップ教材「DQ World」を含むパッケージ「DQスクールパッケージ」について、経済産業省のEdTech導入補助金2022により、高梁市教育委員会が導入開始することを、10月4日に発表した。

 同市では、児童生徒がSociety5.0を生き抜く力を育成するため、ICTの整備に努めてきた。以前から外部講師による単発的な講演や道徳の授業の一部などを通じて情報モラル教育を実施していたものの、ICTの活用が本格化するにあたり、児童生徒を学習の主体とした新しい情報教育の取り組みの必要性も感じていた。

 「DQ World」での学習は、単なる受動的な知識の詰め込みではなく児童生徒が自走する後押しをしてくれるゲーム性が含まれている。子どもたちが主体的に学ぶ様子から教員も知識をアップデートし、教育の在り方の変化を感じていくことが期待されている。

 導入の検討段階で、担当教員のレベルに応じて「DQ World」を試用したところ、GIGAスクール構想下の学校で今必要なスキルの教育をすぐに始められる、同教材の利点が感じられたという。

 同市の小中学校は、インターネット活用を前提とした健全な市民(デジタルシティズンシップ)の育成を目指し、「DQスコア」という指標を用いたエビデンスベースで個別最適な学びの実現を目指している。

 今回導入する学年は市内小学校の5・6年生で、夏休みなどを利用した家庭学習や道徳、特別活動および総合的な学習の時間に活用される。

 DQ(デジタルインテリジェンス)学習の特徴は以下の通り。

  • 研究に基づいたカリキュラムで、より包括的なデジタルシティズンシップを習得できる。
  • ゲーミフィケーションなど、児童生徒の主体的な学びを促す手法を採用している。
  • 個別最適な学びと協働的な学び方(レポート、指導案など)ができる。
  • 「DQスコア」などで学習効果の可視化ができる。

 サイバーフェリックスは、国際シンクタンクであるDQ Instituteを戦略的パートナーとし、日本におけるDQ教育および研究を行っている。児童生徒がインターネット上の脅威を最小化し、チャンスを最大化するための能力育成を、DQの普及を通じてサポートしている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8242 2022/10/07 06:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング