SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

キヤノンITソリューションズ、教育現場に特化した統合ID管理ソリューションの提供を開始

 キヤノンITソリューションズは、教育機関向けソリューション「in Campusシリーズ」の新しいサービスとして、教育現場に特化した統合ID管理ソリューション「in Campus ID」の提供を7月1日に開始した。

「in Campus ID」の概要
「in Campus ID」の概要

 「in Campus ID」は、学内のIDおよびパスワード情報を各システムにプロビジョニングするサービスとなる。ID管理という概念にとらわれることなく、学内ネットワーク環境への接続端末の管理機能も備えており、教育現場における多様な運用シーンに対応したIDライフサイクル管理へ柔軟に対応する。また、教育現場に必要な搭載機能に特化することで、コストパフォーマンスを高めている。

 標準機能としては、「ID/パスワードの一元管理」「Microsoft 365やGoogle Workspaceアカウント連携」「学生配布用パスワード帳票の発行」などを搭載するほか、標準カスタマイズサービスとして「IDライフサイクル設定」「画面カスタマイズ」「アカウント一覧表示のカスタマイズ」なども用意する。

 教育現場で求められることの多い、「ネットワーク接続用の端末登録」や「多要素認証」などの機能については、製品ロードマップに合わせてオプションとして順次拡充していく。

 「in Campus ID」の提供開始にあわせて、7月15日14時~15時には、ウェビナー「教育現場におけるID管理の現状~統合ID管理で良くなること、気をつけるべきこと~」を開催する。参加費は無料で、事前登録が必要。定員は100名。

 「in Campusシリーズ」は、同社の独自開発による教育支援情報プラットフォーム。2013年4月に明治大学での提供を開始した教育支援情報システム「Oh-o! Meijiシステム」をベースに、他の大学でも幅広く導入可能な教育支援情報プラットフォームとして開発された。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7772 2022/07/01 15:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング