SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

スプリックス運営のプログラミング能力検定協会、プログラミング能力の学習・教授・評価のための共通参照枠を公開

 スプリックスは、同社が運営するプログラミング能力検定協会が、これまで定量的な評価が難しかったプログラミング能力について、プログラミング言語に依らず学習・教授・評価するための共通参照枠「Common Framework of Reference for Programming Skills(CFRP)」を公開したことを、6月6日に発表した。

 「CFRP」は、実際の教育現場での学習者の状況や、検定実施によって培った作問・評価のノウハウから、汎用的かつ詳細な形でプログラミングの基礎知識を概念としてまとめたもの。習得度を「簡単な処理のプログラムを作成可能」「複雑な処理のプログラムを作成可能」「実用性の高いプログラムを作成可能」の3段階、および6つのレベルに定義している。

 6つのレベルは、さらに詳細な60以上のプログラミング概念に分解でき、具体的にどのような知識が必要であるかを詳細に定義しているため、教育者あるいは教材の作成者が学習者の個々の習熟度に合わせた効果的な指導や評価が可能となり、限られた時間の中で最大限の教育効果を実現できるようになる。

「Common Framework of Reference for Programming Skills(CFRP)」の概要
「Common Framework of Reference for Programming Skills(CFRP)」の概要

 また、学習者は自身のプログラミング能力を客観的かつ詳細に把握した上で、明確な目標を設定可能となるため、これまで以上に効果的な学習体験を得られるようになる。さらに、大学入学共通テスト受験において習得すべきレベルが把握できるなど、受験対策への活用も可能となっている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7632 2022/06/07 12:40

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング