SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

「コエテコ総研 byGMO」が民間の子ども向けプログラミング教育の実態を調査、男女・地域差が大きい結果に

 GMOメディアは、同社が運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」の調査機関である「コエテコ総研 byGMO」が実施した、民間の子ども向けプログラミング教育の実態調査結果を4月28日に発表した。同調査は、「コエテコ byGMO」を通じて子ども向けプログラミング教室に体験申し込みを行った人を対象に、3月1日~31日の期間に行われている。

 調査対象者に、子ども向けプログラミング教室への申し込みを行った子どもの年齢を尋ねたところ、「9歳」(23.9%)がもっとも多く、年齢分布では小学校に通う年齢が8割超(7~9歳:50.0%、10~12歳:36.1%)を占めた。

 男女別では、男子が81.8%を占めている。

 都道府県別の申し込み状況をみると、「関東」(44.9%)が最多となり、「近畿」(20.9%)、「中部」(14.8%)がそれに続いた。都道府県の人口分布や「コエテコ byGMO」における掲載教室の割合と比較すると、関東におけるプログラミング教室への体験申し込みの割合は10ポイントほど高くなっている。また、関東では「東京」(19.5%)、「神奈川」(11.2%)が約3割を占めた。

 体験申し込みを行う曜日・時間帯をみると、曜日に大きな偏りはみられなかったものの、「金曜日」(10.7%)が他の曜日と比較して申し込みが少し低い傾向にある。

 時間帯では、「12時~18時」(36.2%)と「18時~24時」(35.0%)が7割を占めており、「20時」(7.4%)と「18時」(7.1%)が他の時間帯よりも多かった。

 体験申込みのあった教室において使用されている教材としては、「Scratch」(11.0%)がもっとも多く、以下「Minecraft」(9.3%)、「QUREO」(8.8%)、「ヒューマンオリジナルロボット」(6.1%)がそれに続いている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7474 2022/05/09 15:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング