SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

N高・S高、VRを活用した「バーチャル修学旅行」を実施

 角川ドワンゴ学園 N高等学校とS高等学校は、2月24日から3月10日までの間、バーチャル技術を活用した修学旅行プログラムを実施している。

 両校ではVR技術を用いて、バーチャル空間内で授業を受けることや、本格的な英会話トレーニングを行うことができる。これに加え、入学式やネット運動会、生徒のプレゼンテーションイベント「NED」、VRゲームを活用した生徒同士の交流会など、学校行事のさまざまな場面でもVR技術を活用している。また、バーチャル空間内でいつでも大学のオープンキャンパスが体験できる「バーチャルオープンキャンパス」や、アバターとバーチャル空間を活用した面接トレーニングプログラムも開始されている。

 本プログラムでは、VRヘッドセット「Meta Quest 2」とVRアプリケーションの「Wander」を活用し、生徒と教職員が一緒に世界中の名所をめぐる。

 「Wander」は、Googleストリートビューが提供する世界中の都市や自然の360度写真を利用し、地球上をバーチャル空間で再現しているアプリケーション。「Meta Quest 2」を活用することで、自分があたかもその場所にいるような感覚を得られる点が最大の特徴となる。

 バーチャル修学旅行は、コロナ禍で特に海外へ出かけることが難しい中、生徒たちが新しいものに出会い、またほかの生徒たちと交流して思い出を作れるようにと企画された。生徒は自宅にいながら、さまざまな国の文化遺産や遺跡、施設などを仲間と一緒にめぐることができる。

VRアプリ「Wander」を使ったバーチャル修学旅行のイメージ
VRアプリ「Wander」を使ったバーチャル修学旅行のイメージ

 コースは、テーマごとに用意された以下の3つのコースから選択可能(各回90分の予定)。また、ガイドブックの役割を果たす「旅のしおり」も用意されており、旅行前に見どころをチェックして準備をしておくこともできる。

選べる3つのコース

【Aコース】名作マンガと名所をめぐる ー古代から現代への視点でー

 名作マンガを題材に、作品の舞台となった場所や施設をめぐる。古代から現代までさまざまな作品を扱うことで、歴史や地理についても学んでいく。

【Bコース】なんでこんなにデカく作った? 巨大文化遺跡探検

 世界各地にある巨大な文化遺跡をめぐる。モアイ像やナスカの地上絵、ピラミッドなどの世界遺産を通じて、それぞれの国の歴史や文化に触れていく。

【Cコース】世界の歴史は宗教の歴史でもある! キリスト教、イスラム教、仏教の誕生地とキリスト、ムハンマド、釈迦の生誕祭ツアー

 世界三大宗教であるキリスト教、イスラム教、仏教をテーマに、それぞれの宗教にまつわる土地をめぐる。各地の風土にも触れながら、宗教が生まれた背景を探っていく。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7145 2022/02/26 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング