SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

学習履歴データ分析基盤「Lentrance Analytics」が商用提供開始

 Lentranceは、同社の学習用ICTプラットフォーム「Lentrance(レントランス)」と連動して動作する、学習履歴データ分析基盤「Lentrance Analytics(レントランス アナリティクス)」の商用提供開始を、1月19日に発表した。

 これまで「Lentrance Analytics」は、先行開発版として提供されてきたが、実証研究にて得られた知見を反映し、商用サービスとして提供することとなった。第1弾として、出版社向けのサービス提供を開始する。

「Lentrance Analytics」ダッシュボード
「Lentrance Analytics」ダッシュボード

 今回の出版社向けサービスでは、デジタル教科書・教材などの各種コンテンツの利用状況が確認できるダッシュボードが提供される。ダッシュボードではグラフや表によってデータが可視化されており、デジタル教科書・教材が「どのような傾向」で「どの程度利用されているか」を定量的に把握することが可能。また、データをコンテンツ紙面上にヒートマップで表示させることで、利用状況を直感的に把握できる。これらの機能により、コンテンツの制作や改善に定量的な視点を取り入れ、より良いコンテンツ作りに活かせるようになる。

ヒートマップによる直感的な利用状況の把握も可能
ヒートマップによる直感的な利用状況の把握も可能

 なお「Lentrance」および「Lentrance Analytics」に蓄積された学習履歴データは各種標準フォーマットへの対応が予定されており、校務システムや教育用SNSなど、他社ソリューションとの連携も可能となる見込み。

この記事は参考になりましたか?

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6957 2022/01/21 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング