SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

学校現場の疑問や課題を解決!

時間がない? なら作ればいいんじゃない?「学年会 on Microsoft Teams」で余剰時間を活用

学校現場の疑問や課題を解決! 第1回

 本連載では、教員コミュニティMIEE Talks@Admin.に所属されている先生方に、学校現場の課題や疑問を解決するヒントを解説いただきます。第1回は、八王子市立第八小学校の川上尚司先生による、「Microsoft Teams」を中心とした「Office 365 Education」を活用して学年会を効率化した事例の紹介です。(編集部)

はじめに

 小学校に限らず、教育現場はどこも新しい仕事が後から後から……「GIGAスクールの実践を増やせ」「英語指導を一層充実させろ」「道徳の教科化も忘れるな」「プログラミング教育もしなければならないぞ」などなど、次から次へと仕事は容赦なく増えます。加えて「働き方改革実現だ」から「残業を減らしましょう」そのために「仕事の無駄を見つけて減らしなさい」と、よりによって業務量削減のために「仕事の無駄探し」なる新しい仕事がさらに積み上がるという、コペルニクスも真っ青の事態に進展しているのが教育現場の実態です。

増え続ける教育現場の業務
増え続ける教育現場の業務

 「せめてこれは止めましょう」と削減すべき仕事の具体的な内容を、管理職ないし教育委員会から明示していただけるとありがたいところですが「自分の仕事は自分で管理しなさい」ということなのでしょう。そう、心身の健康を保ち、かつ長期的に教員を続けるために、日ごろの勤務状況や内容を鑑み、不要な手間や方法を洗い出し、端的かつ効果的な管理方法へと能動的に変換しうる知識や技術、実行力が、これからの教員には必要となるのです。

 しかし、指導力向上にまい進しても「仕事の整理整頓など専門外な教員たちが、どうやってそれを実現すればいいの?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

 そんな先生方の救世主となるのが、積み重ね業務のひとつ、GIGAスクール構想実現をきっかけに導入され始めている「クラウド教育サービス」なのです。少なくとも私個人は、そう考えております。

 今回は、クラウド教育サービスのうち、私が勤務する八王子市に導入されたOffice 365 Educationを活用して作り出した時間について紹介します。

市内全校にOffice 365 Educationが導入される

 コロナ禍においても児童生徒に学びの機会を保障すべく、東京都八王子市でも、市内の全公立小中学校の児童生徒と教員を対象に、「Office 365 Education A1」のアカウントが配布されました。しかし、昭和時代から続く黒板とチョーク、ノートと鉛筆を最大限活用するための指導スキルを磨いてきた現場教員たちが、いきなり「使え」とA1アカウントを渡されたところで、早速使いこなすことができるような知識やスキルを身につけているはずがありません。この状況で活用するためには、まず教員自身がOffice 365 Educationを実際に使い、基本的な知識やスキルを身につけながら、そのメリットを実体験する必要があると考えました。

Office 365 Educationを校務に活かすポイントを絞る

 もちろん校内すべての業務を一気に見直すことは不可能です。見直すのは、私が学級主任を務める特別支援教室の学級運営に関わる部分のみとしました。特別支援教室の運営上、改善すべき問題点を以下の通りまとめました。

  • 拠点校、巡回校に配置された特別支援教室専門員間の情報共有にタイムラグが生じること。
  • 巡回校専門員都教員の間で、正しく情報共有がされにくいこと。
  • 特別支援教室教員が2チームに分かれて巡回指導を実施しているために、チーム間の指導方針や情報共有がされにくいこと。
  • 特別支援教室教員が情報共有を行うための学年会の場が、主任や主張の強い教員の意見発表の場となりがちであること。
  • 学年会が、以前の学級主任が当日配布した議題を確認するだけで用意した時間が終わってしまいがちなこと。

 ここから、Office 365 Educationで改善すべき本学級の業務上の課題を「情報の共有化」「会議のもち方」の2つに集約しました。そこで、私が主たる学級主任を務めることになった本年度から、Office 365 Educationを活用した課題改善の方法を提案、実施することにしました。

Office 365 Educationで業務の課題を改善
Office 365 Educationで業務の課題を改善

次のページ
同僚への情報の共有化(1)Teamsのプラットホーム化

この記事は参考になりましたか?

学校現場の疑問や課題を解決!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

川上 尚司(カワカミ ヒサシ)

 八王子市立第八小学校特別支援教室巡回指導教員。マイクロソフト認定教育イノベーター、Google認定教育者LV1,2、Type_T会員、東京都小学校プログラミング研究会会員、CoderDojo武蔵村山チャンピオン、みんなのコードプログラミング教員養成塾卒業生。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


Atelier Funipo(アトリエフニポ)

 保育園・幼稚園、小学校〜大学機関の先生たち向けのお便りや教材づくりで使えるイラストを無料で公開しているWebアトリエ。  メインサイト「Atelier Funipo」には一切の広告をかけず、学校からもアクセスしやすい配慮をしている。  かわいいクレヨンタッチのイラストや、特別支援・ダイバーシテ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6065 2021/08/04 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング