EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

アドビが2021年度の「Adobe Education Leader」を発表、日本からは26名が認定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/20 13:35

 アドビは、同社が運営する教育関係者コミュニティ参加者の中でも特にイノベーティブな活動が期待される、日本在住の教育関係者26名を2021年度の「Adobe Education Leader(以下、AEL)」として認定し、5月13日に発表した。あわせて、同社が提供するセルフラーニングコースである「Adobe Creative Educator」プログラムのレベル1を、同日より日本語で提供開始した。

日本の2021年度「Adobe Education Leader」
日本の2021年度「Adobe Education Leader」

 AELは、アドビツールを使って特にイノベーティブで実践的な活動を行っている小中高校、大学の先生を年度ごとに認定するもの。同社がグローバルで設定する選出基準に照らし、書類選考と面接を経て、本年度は日本から26名を認定した。なお、世界全体で毎年300名ほどが認定されており、日本での認定は今回が3回目となる。

 今回選出された日本のAELは、アドビツールを活用したクリエイティブな学びの実践についてセミナーイベントを開催したり、オンラインでの情報共有を行ったりするなど、積極的に教育業界向けの情報発信を行っていく。同社は「Adobe Creative Cloud」ライセンス1年分を提供するほか、世界中のAELの実践情報を受け取る機会を作って支援する。

2021年度の「Adobe Education Leader」一覧(勤務先名50音順)
2021年度の「Adobe Education Leader」一覧(勤務先名50音順)

 また、今回日本語で提供開始した「Adobe Creative Educator」プログラムは、クリエイティブな学習のプロセスと授業内外の事例をオンライン上で学ぶことができるオンデマンドの講座で、AELだけではなく教育関係者であれば誰でも無料で受講できる。2020年の開始以降、英語のみで提供されてきたが、GIGAスクール活用元年の今年、デジタルを活用したクリエイティブな学習に関する知見を日本で広く提供するため、日本語化を完了した。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0