Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

米サンフランシスコのMake School、中高生向けプログラミングサマースクールを東京で開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/26 11:00

 米Make Schoolは、7月23日~8月11日の夏休み期間に、中学生・高校生・大学生向けのプログラミングサマースクール「Make School 2017 Tokyo Summer Academy」を、Tech Shop Tokyo(東京都港区)で開催する。税込の参加費は297000円から。

 「Make School 2017 Tokyo Summer Academy」では、サンフランシスコからエンジニア講師が来日し、3週間でコンピュータサイエンスの基礎を学習しながら、アプリ開発を学んでいく。テキストや会話、最終日のプレゼンテーションなど、講義には英語を使用するほか、企業訪問や国内外のゲストとのトークセッションといったプログラムも用意する。

Make Schoolによるプログラミングスクールの授業イメージ
Make Schoolによるプログラミングスクールの授業イメージ

 なお、参加者募集は日本国外でも行っており、プログラミングや英語の学習だけでなく、多様かつグローバルな視野でテクノロジーに興味を持ち、外向きのマインドセットを育成するプログラムで構成されている。

 実施コースは、iPhoneアプリ制作を通したコンピュータサイエンス基礎とSwiftプログラミング。参加対象は13歳以上で、申込締切は6月15日。応募後、選考を経て随時合格者を発表する。なお、5月12日までの申し込みには、優先して奨学金への案内を行う。

 会場はTech Shop Tokyo(アーク森ビル 3階)。

 Make Schoolは、新しいIT教育を目指し、コンピュータサイエンスおよび実践的なプログラミング教育を提供する、米サンフランシスコのスタートアップ企業。中・高・大学生を対象に、さまざまなプロジェクトを通じてプログラミングスキルを習得できるカリキュラムを世界中で展開しており、これまでに40か国で2000名以上の学生が、同社のカリキュラムを受講している。


【関連リンク】
Make School(英語)
「Make School 2017 Tokyo Summer Academy」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0