EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2022年卒の就活、企業を選ぶポイントで「安定している」の割合が過去最多に【マイナビ調査】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/27 08:00

 マイナビは、学生の就職意識や就職活動全体の動向を把握することを目的に毎年実施している、「マイナビ 2022年卒大学生就職意識調査」の結果を4月26日に発表した。同調査は、2022年卒業予定の全国の大学4年生および大学院2年生に対して、2020年12月1日~2021年3月20日の期間に行われ、4万1731名(文系男子:1万2798名、文系女子:1万7512名、理系男子:6646名、理系女子:4775名)から有効回答を得ている。

 調査結果によれば、2022年卒学生の就職観は「楽しく働きたい」(34.8%)がもっとも多く、「人のためになる仕事をしたい」(前年比1.5ポイント増)が前年からの変化がもっとも大きかった。また、新型コロナウイルス感染症の流行前である2020年卒~2022年卒の3年で変化をみると、「楽しく働きたい」は2020年卒と比較して3.8ポイント減少、「人のためになる仕事をしたい」は3.1ポイント増加している。

就職観の推移(2009年卒~2022年卒)
就職観の推移(2009年卒~2022年卒)

 企業を選択する場合にどのような企業がよいかを尋ねたところ、「安定している会社」(42.8%)が最多で、2001年卒以降でもっとも多かった。一方で「自分のやりたい仕事(職種)ができる会社」(34.6%)、「給料のよい会社」(17.5%)は減少している。

企業選択のポイント(2002年卒~2022年卒)
企業選択のポイント(2002年卒~2022年卒)

 行きたくない会社を尋ねた質問では、「ノルマのきつそうな会社」(35.8%)が前年に続いてもっとも多く、「暗い雰囲気の会社」(28.9%)がそれに続いた。また、「転勤の多い会社」(24.9%)は2022年卒で増加している。

行きたくない会社(2016年卒~2022年卒)
行きたくない会社(2016年卒~2022年卒)

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0