EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

小学校でのプログラミング教育、9割超の保護者が認知・好意的な意見

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/22 15:30

 ライブルベースは、小学生の保護者を対象に実施した、「小学校のプログラミング教育に関するアンケート」の結果を4月22日に発表した。同調査は、3月9日~22日の期間に行われ、355名から回答を得ている。

 調査対象者に、小学校におけるプログラミング教育の実施について知っているかを尋ねたところ、認知度(「よく知っている」「なんとなく知っている気がする」の合計)は90%超となった。

 小学校におけるプログラミング教育の、必修化への賛否を尋ねた質問では、「賛成」が42.0%、「どちらかといえば賛成」が47.6%と、約9割の保護者が好意的に捉えている。

 小学校におけるプログラミング教育に「賛成」「どちらかといえば賛成」と答えた人に、その理由を尋ねたところ(複数回答)、「今後の社会で必要不可欠な知識だと思う」(62.8%)がもっとも多かった。一方、「将来ITエンジニアになってほしい」という回答は8.2%に留まっている。

 小学校におけるプログラミング教育に「反対」「どちらかといえば反対」と答えた人に、その理由を尋ねた質問(複数回答)では、「それよりも他科目もしっかり勉強させたい」「学校で行う意図が不明確」が上位を占めた。

 小学校におけるプログラミング教育に期待することとしては、「学校や勉強全般に対しての意欲向上」「論理的思考や創造性の意欲向上」が上位を占める一方で、「将来の選択肢が広がる」は0.6%に留まっている。

 高校までのプログラミング教育に盛り込んでほしい内容を尋ねたところ(複数回答)、「ネット上での個人情報の取り扱い」「ネットで犯罪に巻き込まれないためには」といった、ITリテラシーの向上に期待する意見が多かった。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0