EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Web形式のインターンシップ希望、はじめて対面形式を上回る

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/19 06:00

 マイナビは、2022年3月卒業予定の大学3年生、大学院1年生を対象に実施した、「マイナビ 2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(1月)」の結果を2月17日に発表した。

 同調査は、1月20日~31日の期間に行われ、3199名(文系男子:510名、文系女子:1511名、理系男子:475名、理系女子:703名)から有効回答を得ている。

 調査結果によれば、インターンシップ・ワンデー仕事体験に応募したことがある学生は前月比2.5ポイント増の93.7%で、参加したことがある学生は前月比3.8ポイント増の84.9%だった。

これまでにインターンシップ・ワンデー仕事体験に応募・申し込みしたことのある割合
これまでにインターンシップ・ワンデー仕事体験に応募・申し込みしたことのある割合
これまでにインターンシップ・ワンデー仕事体験に参加したことのある割合
これまでにインターンシップ・ワンデー仕事体験に参加したことのある割合

 1月の平均応募社数は3.8社、平均参加社数は2.5社で、いずれも前月と同じ数値となっている。

インターンシップ平均応募社数推移
インターンシップ平均応募社数推移
インターンシップ平均参加社数推移
インターンシップ平均参加社数推移

 インターンシップの開催形式について、Webを希望する学生は39.0%だったのに対して、対面を希望する学生は37.2%で、2020年9月の調査開始以降、はじめてWeb形式が対面形式を上回った。

希望するインターンシップの開催形式(地域別)

希望するインターンシップの開催形式(地域別)

 1月に行った活動としては、「企業研究をした」(64.4%)が「インターンシップエントリーをした」(61.4%)を上回っている。

今月活動した項目
今月活動した項目

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0