EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Makeblock、ネットワーク対応のプログラミング教材「CyberPi」を2月15日に発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/01 10:05

 Makeblock Japanは、初等中等教育におけるプログラミング教育で活用可能な、ネットワーク対応のマイクロコンピューター「CyberPi(サイバーパイ)」の販売を、2月15日より開始する。

「CyberPi」
「CyberPi」

 「CyberPi」は、コンパクトで軽量な見た目に、フルカラーディスプレイ、スピーカー、マイクなどの豊富な出入力モジュールと、CyberOSを搭載している。ソフトウェアを組み合わせて、データサイエンスやネットワーク利用、AI音声認識・翻訳機能、IoTなどの高度な技術を体験できる。また、ブロックをつなぎ合わせるビジュアルプログラミングから、テキスト言語Pythonのプログラミングまで、段階的に学習することができる。

「CyberPi」詳細
「CyberPi」詳細

 さらに、本体や拡張ボード「Pocket Shield(ポケットシールド)」に異なる規格のボードを複数備えているため、Makeblock製の「mBuild(エムビルド)」や他社製の電子モジュールを拡張し、電子工作の可能性を広げることが可能となる。

 なお「CyberPi」は、2020年10月にOSHWA(Open Source Hardware Association、オープンソースハードウェア協会)による認証を受けている。

 今後は、学校教育機関や民間のプログラミング教室で使用できる「CyberPi」を用いたカリキュラムや指導案も提供される予定。

 販売されるキット「CyberPi Go Kit」のメーカー希望小売価格は9800円(税別)。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0