EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

日本有数のAI企業が提供する教材をもとにした「プログラミング教室」のフランチャイズパッケージ、加盟教室を今春から募集開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/14 15:06

 Preferred Networks(プリファード・ネットワークス、PFN)とやる気スイッチグループは1月14日、「プログラミング教育 HALLO powered by Playgram x やる気スイッチ」(以下、HALLO)のフランチャイズパッケージの加盟教室の募集を今春から開始することを発表した。

 HALLOフランチャイズパッケージは、AI技術の研究開発・実用化支援などで著名なPFNが開発するプログラミング教材「Playgram(プレイグラム)」を使用し、世界基準のコンピューターサイエンス教育を一人ひとりに最適な形で、一般の学習塾や学童、習い事教室などが提供できるようにすることを目的としている。

 両社は2020年12月25日にHALLOのフランチャイズパッケージの開発と拡販・導入支援を実施する合弁会社「株式会社YPスイッチ」を設立した。やる気スイッチグループが教室経営・販促などのノウハウを提供しており、生徒が自律的に学ぶ力をつける(やる気スイッチの入る)指導メソッドが盛り込まれている。

 既存教室の空き時間や空きスペースを活用できるため、初期投資や必要設備が少なく、既存教室の生徒からの入会を促進しやすい設計で、3名の生徒で黒字化が可能としている。eラーニングやオンラインでのOJT研修、教材の学習進捗管理アシストなどもあり、プログラミング教育の事前知識は問わない。

 現在は、やる気スイッチグループの直営教室で2020年8月から順次導入しており、小学生を中心に未就学児から中学生まで幅広い生徒が在籍し、生徒や保護者からも高い評価を得ているという。3年以内に全国1500教室への展開を目指すとしている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0