EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

6割近くの母親が子どもの教育に不安/再考を検討、新型コロナが影響

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/17 12:00

 アイドマ・ホールディングスは、同社が運営する在宅ワーク特化型求人サイト「ママワークス」が、10月8日~18日に会員向けに実施したアンケート調査の結果を、12月16日に発表した。

アンケート調査結果

 調査対象者に、最近の子どもの教育(公教育および習い事)について、不安に感じたり、改めて考え直そうと思ったことがあるかを尋ねたところ、57.7%の人が「はい」と答えている。

 子どもの教育について、不安に感じたり、改めて考え直そうと思ったことがあると回答した人に、そのきっかけを選んでもらったところ、「将来求められるスキルに変化があると感じた」(20.4%)がもっとも多かった。「学校が休校になった」(14.4%)、「動画配信で受けられる授業が増えた」(14.0%)がそれに続いた。

 そのほかのきっかけとしては、「時代は変わってきているのに、学校教育はいつまでも昔のままで時代錯誤に感じたから」「コロナ休暇中に学力のレベルをしっかり見ることができ、また現場にショックを受けた」といった回答が寄せられている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0