EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

学研、東京英語村にて小学生向け課題解決学習(PBL)コース2021年1月開講

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/03 17:00

 学研ホールディングスのグループ会社、TOKYO GLOBAL GAYEWAYが運営する体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY - TGG(東京都英語村)」において、2021年1月5日に、TGGスクール by LCA「Project-Based Learning(PBL・課題解決型学習)コース」が開講する。

 「課題解決型学習(PBL)」は、自分で問題を発見し、解決する能力、自分の考えを発表する力の育成を目的とした学習方法。

 今回開講するPBLコースは、英語を通して、世界とのつながりを感じ、いろいろな知識に触れ、自分で学び、考え、チャレンジすることを楽しんでもらうコース。「英語を学ぶ」より、「英語で学ぶ」ことに重点を置き、英語で物事を考えたり、発表したりしながら、英語力の向上も図る。

 TED(Technology Entertainment Design) Educationの小学生向け題材や海外のReading教材、Google Earth等、幅広い内容を題材に、PBLの知識と指導経験を持つ英語ネイティブ講師と日本人バイリンガル講師がコース指導を担当する。また、タスクやアクティビティにより、英語習熟度レベル別に分かれて学習を進める。

 具体的な英語レベルの到達目標は、英語での授業についていける力、CEFR A2からB2程度。受講対象者は小学校3年生以上、英語中級以上を対象としている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0