EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

幼児教育にもICTを! タブレット教材「KitS」を品川区立の保育園全43園が導入、公立園では全国初

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/19 07:00

 スマートエデュケーションが開発・提供する園児向けのICT教育カリキュラム「KitS(きっつ)」は、これまで多くの私立幼稚園・保育園に導入されてきた。そしてこの度、同社の所在地でもある東京都品川区の公立保育園全43園に一括導入が決定し、10月より本格運用が開始。公立園で正式採用になったのは全国でも今回が初めての例となる。11月2日にはメディア向けに懇談会が開催され、同社 代表取締役 池谷大吾氏と品川区 子ども未来部 保育課長 立木征泰氏、同区 地域振興部 商業・ものづくり課長 遠藤孝一氏らが、導入の経緯や現在の活用状況を踏まえながら意見を交わした。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:教育現場でのICT活用事例紹介(幼稚園・保育園)

著者プロフィール

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0