SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

学習塾「英進館」、授業支援システム「schoolTakt」を導入しアクティブラーニングをさらに推進

 コードタクトと英進館は、英進館が運営する学習塾「英進館」の中学部に、Webブラウザだけでリアルタイムで学び合う授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」を、5月1日に中学1年生全教場で導入しており、3年後には中学部全体での活用を目指すことを、11月5日に発表した。

 「英進館」では、最高の教育環境の実現を目指すべく2016年度(平成28年度)から話し合いを重視するアクティブラーニングを導入し、子どもの主体性や表現力を培う授業を実践している。

 今回の、同塾における「schoolTakt」の導入は、将来の大学入試で問われる主体性や表現力を養成する授業のさらなる強化を目指したものとなる。5月から中学1年生の生徒にiPadを配布して、Webブラウザだけで生徒の学習状況をリアルタイムに把握。また、生徒同士が簡単に解答を共有可能にすることで、みんなで学び合い高め合う学習環境の提供を実現する。

 「schoolTakt」の導入によって、反転学習での課題取り組み時や小テストの際に、生徒同士で採点を行うことも容易になり、教場でも自宅でも簡単にアクティブラーニングを行える環境が構築できるようになった。

 同塾では、授業支援システムの導入にあたって、次のことをもっとも重視していた。

  • クラス全員の解答を共有
  • 拡張性(=生徒が撮影したノートなどの写真を教師に提出できる、小テストなどで利用するサービスのURLを生徒に配信できるなど)

 「schoolTakt」の「生徒の学習状況をリアルタイムに把握できる」「生徒同士が解答を共有・書き込みしあえるモードがある」「生徒が撮影したデータをそのまま画面に貼り付けることができる」「コメント欄に動画やURLの貼り付けができる」といった機能は、これらすべての課題をカバーすることが可能なことから、今回の導入に至っている。

「英進館」における「schoolTakt」を使った授業風景
「英進館」における「schoolTakt」を使った授業風景
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4684 2020/11/06 11:25

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング