SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

LasTrust、教務システムと連携して学習歴証明書を電子化する機能「CloudCerts Connect」を提供開始

 LasTrustは、ブロックチェーン証明書発行システム「CloudCerts」のAPI機能「CloudCerts Connect」の正式提供を、10月29日に開始した。

 「CloudCerts」では、紙で発行される修了証書や成績証明書、在籍証明書などが抱える、

  • 発行コストが高い
  • 発行に手間がかかる
  • コロナ対策で窓口を閉鎖しており受け渡しが困難
  • 受領者の紛失による再発行対応
  • 偽造されるリスク

といった課題の解決や、「学びの実績を安全に電子化し、学習者が生涯を通して管理できる仕組み」導入のためにブロックチェーン技術を活用しており、以下のような機能を実現している。

  • 信頼性のあるデータを記録できる(教育機関が教務システムと「CloudCerts」のAPIを通してブロックチェーンに証明書情報を書き込むことで実現)
  • 個人情報の漏えいリスクがない(ブロックチェーン上の証明書データは暗号化されているため)
  • 証明書をURLで表示・送付できる
  • データ内容の検証機能あり。ゼロコストで何回も使用できる(ブロックチェーンへの原本確認機能)

 今回、正式提供を開始した「CloudCerts Connect」は、教務システムと連携しブロックチェーン証明書の発行機能を追加可能なAPIとなる。各ベンダーが既存のシステムに組み込めるようHTTPリクエストに対応しており、教務システム内部にあるデータベースをソースに、ブロックチェーン証明書を出力できるので、高等教育機関向けの証明書のデジタル化をスピーディーかつ低コストに実現する。

ブロックチェーン証明書のサンプル
ブロックチェーン証明書のサンプル
「CloudCerts Connect」の提供イメージ
「CloudCerts Connect」の提供イメージ

 あわせて、「CloudCerts Connect」の提供開始を記念して、初期費用ゼロで「CloudCerts Connect」を試用可能なキャンペーンを、11月末まで実施している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4648 2020/10/29 15:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング