EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Amazon、子どもと保護者向けのサービスを「Amazon Kids」「Amazon Kids+」に改称

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/16 07:00

 Amazonは9月15日、子どもと保護者向けのサービス「Amazon FreeTime」と「Amazon FreeTime Unlimited」の名称を、それぞれ「Amazon Kids」「Amazon Kids+」に変更したことを発表した。

 名称変更の理由としては、コンテンツのジャンルや対応機種の拡大に伴い、よりお客様に親しんでもらえる名称を採用したと説明している。

 「Amazon Kids」(旧Amazon FreeTime)は、学習時間や利用時間の設定といったペアレンタルコントロールが行える無料アプリ。ウェブサイトのフィルタリング機能なども提供している。

 「Amazon Kids+」(旧Amazon FreeTime Unlimited)は、月額定額制のサブスクリプションサービスで、専任のチームが年齢別に厳選した書籍、ビデオ、学習アプリ、ゲームなど、数千点のコンテンツを好きなだけ利用することができる。月額はプライム会員の場合480円、一般会員は980円。

 日本では、全Fireタブレットシリーズで利用することができる(Kindleシリーズでは電子書籍のみ)。

 なお、サービス名称の切り替えが完了するまでの間、旧名「FreeTime Unlimited」が表示されることがある。また、既存ユーザーがこれに伴う対応を行う必要はない。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0