EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

8割超の学生が「直接訪問するインターンシップ」への参加を希望、学情が2022年3月卒学生に調査

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/14 15:10

 学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に実施した、「インターンシップの実施形式」に関するアンケート調査の結果を9月14日に発表した。

 同調査は、同社が運営する通年採用対応ジョブ型の新卒採用サイト「あさがくナビ2022」の訪問者を対象に、8月28日~9月7日の期間に行われ、1088名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、企業に直接訪問するインターンシップと、オンラインのインターンシップのどちらを希望するかを尋ねたところ、「企業に直接訪問するものとオンライン両方」(30.1%)がもっとも多かった。以下、「企業に直接訪問するインターンシップ」(29.6%)、「どちらかと言うと企業に直接訪問するインターンシップ」(24.1%)がそれに続いており、83.8%の学生が「直接訪問するインターンシップに参加したい」と考えていることがわかる。

企業に直接訪問するインターンシップと、オンラインのインターンシップのどちらを希望しますか

 6月に行われた同様の調査と比較すると、「直接訪問」の割合が減少し、「オンライン」の割合が増加している。また、学生からは「オンラインでの参加だと複数の企業のインターンシップに参加できる」「オンラインで参加後に、興味を持った企業は直接訪問のインターンシップにも参加したい」といった意見が寄せられた。

企業に直接訪問するインターンシップと、オンラインのインターンシップのどちらを希望しますか(6月調査との比較)

 今後、オンラインで実施するインターンシップがあれば参加したいかを尋ねた質問では、90.4%が参加を希望しており、6月調査よりも7.0ポイント増加している。

今後、オンラインで実施するインターンシップがあれば参加したいですか
今後、オンラインで実施するインターンシップがあれば参加したいですか(6月調査との比較)

 「オンラインで実施するインターンシップに参加したい」と回答した学生からは、「新型コロナウイルスへの感染リスクなく参加できるから」「多数の企業のインターンシップに参加できるので、志望業界や企業を決めるまでの情報収集に適している」「遠方の企業でも参加しやすい」といった意見が寄せられた。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0