EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ダンボール製ロボットをプログラミングで動かす「embot アイデアコンテスト2020」が開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/15 14:55

 インフォディオ、タカラトミー、GPリーグの3社による、embot アイデアコンテスト2020実行委員会は、全国の小学生を対象にダンボールで作るプログラミング教育ロボット「embot(エムボット)」を活用したアイデアを募集するコンテスト「embot アイデアコンテスト2020」を開催。8月1日から9月30日まで作品を募集する。

 「embot」は、ダンボールを用いたロボットを自由に組み立て、そのロボットをビジュアルプログラミングで簡単に操作することができるプログラミング教育サービス。

 本コンテストは今年が2回目の開催。「embot」に同梱されているコア、パーツ(サーボ2個、LEDライト赤1・緑1、スピーカー)を使って自由に制作した作品を募集する。

 応募形式としては、作品と作品を動かすプログラムを制作し、作品や制作した意図や想い、工夫したポイントなどを説明するプレゼンテーション動画(5分以内)を撮影する必要がある。プレゼンテーション動画の撮影が完了した後、embotアプリからプログラムと動画ファイルを送信することで応募が完了する。

 なお、embot公式のクマ型に限らず好きな造形を制作でき、ほかのコンテストへの重複応募も可能となっている。

 応募資格は小学1年生~6年生(グループ応募はなし)。エントリー費用は無料となる(応募時および選考段階でかかる費用はすべて自己負担)。応募期間は8月1日~9月30日。

 最優秀賞(1名)には副賞として、「世界に一つだけの金ピカembot」が贈呈される。

「世界に一つだけの金ピカembot」

「世界に一つだけの金ピカembot」

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0