EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

新しい働き方、学び方の実現には何が必要か? Slackを活用した近畿大学、ユーザベースの事例

Slack Workstyle Innovation Day Online「リモートワーク ニューノーマル時代の多様な働き方、学び方をリードする組織とは」レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/17 06:00

 テクノロジーの進化や価値観の多様化に加え、新型コロナウイルスの影響が続く現在、「新しい働き方」への模索が続いている。解決策の1つとしてリモートワークへの関心が高まる中、コミュニケーションツールの新たなスタンダードとなりつつあるのが「Slack」だ。6月24日、「新しい働き方へ、シフトしよう」をメッセージとして掲げ、そのヒントを探るSlack主催のオンラインカンファレンス「Slack Workstyle Innovation Day Online」が開催された。事例セッションの1つでは、「Slack」を活用したリモートワークや時短勤務、遠隔授業などの多様な働き方、学び方を実践する近畿大学、ユーザベースのキーパーソンがそれぞれの取り組みを紹介した。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0